ヨロコビtoギャラリー × ホルトノキ@沖縄「アーティストインレジデンス」レポートVol.2

沖縄のホテル「ホルトノキ ホテル&トロピカルガーデン」様とヨロコビtoギャラリーがコラボし実現した「アーティストインレジデンス」。2回目になりました。1月から3月までの間で約2ヶ月間、1名の作家にホテルで滞在制作いただき、その後1年間ホテルのレストランにて作品を展示いただく企画です。前回に続き、今回は作家を受け入れてくださったホテル「ホルトノキ」オーナーの滝本孝一様のインタビューを紹介します。


-アーティストインレジデンスの企画が実現した経緯を教えてください。

ホルトノキは私と妻が東京の仕事を退職し、第二の人生を過ごすため「自分で何かやりたい」と思い作った施設です。 勤めていたアメリカのデザイン会社では、早い時期からアーティスト支援活動をやっていました。それを見聞きしていて、実際にプロボノ活動に携わっていたという背景があります。
もう一つのきっかけは、兵庫県の大乗寺というお寺で円山応挙の襖絵を見たことです。「なんでこんなところに」というところに応挙の作品があり驚きました。そこで、江戸時代から日本のアーティストは様々なパトロンに支援を受けていたことを知りました。苦学生だった応挙を見かね、その才能を見抜いて、大乗寺が学費を支援したんです。もちろん僕はそんなに大それたことはできないけれど、自分の持っている施設を開放して、ご飯を食べてもらい、沖縄の風土に触れてもらい、作家の創作に良い影響を与えられたら良いなと思いアーティストレジデンスをやってみようかと思いました。

この企画の実現にあたり最初に思い浮かべたのが前職で一緒に仕事をした柏本さん。西荻窪でたくさん若手の画家が出入りするギャラリーをやっていると聞き、扱っている作家も良いな、と思いました。
第1回として油絵画家の中村ゆずこさんに滞在制作していただきましたが、中村さんにとっても、私にとっても新鮮な体験になりました。




-外山さんが実際に滞在された印象

ヨロコビtoのオーナーに提案いただいた作家候補から家族会議で決まったのが外山さん。作品が良く、ここで描いてもらいたいと思いました。 私もアーティストやクリエイターと付き合いがある仕事をずっとしていましたが、いろんな人がいます。作家さんを決める際、長く滞在いただくことになるので、フィーリングが合うことも大事だと思い、人となりを含めてご紹介をいただきました。外山さんはその点で間違いなく、一緒に暮らしやすい方でした。



-ヨロコビtoギャラリーのコンセプト「日常にアートを」について思うこと

作品が日常の中で楽しまれるようになるためには、商品価値としてきちんと成立して、作家が制作に集中できる状況が必要だと思います。趣味ではなく生活の糧を得るために描く方もいるし、多くの方はそれを目指している。その実現のためにも、多くの人に手が届くような絵の販売の仕方があっても良いのではないかな、と思います。そういう点でヨロコビtoの理念に共感ができるんですよね。

(画像❶) ロンドンなどで立派なギャラリーに行くと絵を展示しているだけでなく堂々と値段がついている。ただ単に見るだけでなく気に入ったものは買い求める、そういう文化があるんです。日本にはまだなかなかありません。とても有名な絵を見て、教養の一環として楽しむというところが主な状況になっています。作品を所有して楽しむという感覚が広まると良いと思います。



-沖縄の場所は滝本さんにとってどういう場所か

私は一箇所に留まるより身軽な形で三箇所くらい行ったり来たりする生活スタイルが良いなと思っています。東京にも住まいがあり二拠点みたいな感じです。東京は大好きで街には街の良さがある。沖縄のような南の島には島の良さがある。自分にとって二つ目の居場所です。

(画像❷) ホルトノキのロゴは五角形のデザインになっていて、元々ここに放棄されていた温室の骨組みをモチーフにしたものなのですが、見方によってはホームベースのようにも見えると思うんです。「疲れたな」と思った時に気軽に帰ってこられるような、そこで何か出会いがあるような場所にしたいな、と思っているんです。自分の二つ目のお気に入りの居場所であると同時に、いろんな人がエネルギーをチャージできる場所、あるいは無駄なストレスをデトックスして、本来の自分になれる居場所になると良いなと思っています。

❷ ホルトノキ ロゴ



投稿日:

ヨロコビtoギャラリー × ホルトノキ@沖縄「アーティストインレジデンス」レポートVol.1

沖縄のホテル「ホルトノキ ホテル&トロピカルガーデン」様とヨロコビtoギャラリーがコラボし実現した「アーティストインレジデンス」も2回目になりました。1月から3月までの間で約2ヶ月間、1名の作家にホテルで滞在制作いただき、その後1年間ホテルのレストランにて作品を展示いただく企画です。 今回滞在制作いただいた作家の外山奏瑠様と、作家を受け入れてくださったホテル「ホルトノキ」オーナーの滝本孝一様にお話を伺いました。第一弾として、今回は外山さんのインタビューをご紹介いたします。


-今回滞在中に描かれた作品のモチーフについて教えてください

この度このような機会をいただいてせっかく沖縄に来られたので、この土地にちなんだものを描きたいなと思いました。釣竿を持った生き物を運んでいるこの鳥たちはイソヒヨドリと言います。お腹がオレンジで、頭が青い沖縄の野鳥です。朝、目が覚めてベランダの窓を開けると、東京でいうスズメや鳩、カラスのようにその辺にいるんですよ。(画像❶)


(画像❷)この作品は、美ら海水族館に併設されている熱帯ドリームセンターに行った時に、その風景からインスピレーションを受けました。実際に見た景色と厳密には異なるのですが、熱帯ドリームセンターは水辺や温室があって、いろんな植物が見られるんです。普段から水面の光やカーテンからの日差しに自然と心惹かれます。熱帯ドリームセンターでも光が当たるところに引き寄せられてしまいました。あくまで自分には光が当たっていないということも重要なんだと思います。


(画像❸)ここへ来て最初に描いた作品です。ゴーヤにも見えなくはないと思いますが(笑)
これまで緑色の作品を描くことが少なかったのですが、沖縄の緑が素敵だったので取り入れてみようと思いました。作品に登場する生き物たちは、どこからやって来るのかわからないのですが自然と生まれてきます。というよりも既に存在している、と或る世界から聞き出しながら描いているところがあって。タイトルをつけることもすごく好きなのですが、そういうのも描いている途中に絵と対話することで出てくることが多いです。

(画像❹)ユニコーンが上の方で寝ている作品です。直接沖縄に関係があるテーマではないかもしれませんが、東京の生活ではできなかった、のびのびとした環境でリラックスして絵を描けています。そういったことを絵に表せたらいいなと思いました。これだけゆったりした時間がなかったらこの絵を描けていなかったと思います。




-画材について教えてください

顔彩という日本画の固形絵の具を使っています。絵の具は顔料の粒子が集まってできているのですが、粒子の大きさがまちまちで、青い絵の具だったら粒子が大きかったり、逆に細い粒子の絵の具があったりします。顔彩の白い絵の具は胡粉と言って、貝殻を細かく磨り潰した粉が使われていて、それらを混ぜた時に起こる反応がすごく面白いんです。描く過程で絵の具の粒子が浮き沈みすることによって、独特な表現ができるのですが、全てが自分の思い通りに行くわけではないことも楽しんでいます。こういう風に描きたい!という元々の想定より、何段階も昇華された作品が目の前に現れたりして。それも絵を描くことの楽しみの一つです。



-ホルトノキでの生活はいかがでしたか?

ホルトノキでの生活は楽しいです。良いリフレッシュになりました。また来たいなと思っています。 絵を描く日はとことん描くし、逆にインプットに重きを置いて何も描かない日もありました。長尾橋ややんばるの森に行ったり…宿に帰ってそこで得たものをつまみにお酒を飲んで、そうして聞こえてきた声をヒントに絵として描き起こしていく感じです。
ホルトノキのオーナーの滝本さんと奥様とは、一緒にお酒を飲んだり沖縄の色々なところに連れて行っていただいたりと、まるで息子のように接してももらいました。



-ホルトノキでの制作と普段の制作との違いは?

沖縄にいると自分のちっぽけさをいい意味で実感します。自分一人では太刀打ちできない自然の壮大さを、青々とした海から、珊瑚の砂浜から、茂った木々から、街頭のない道路から思い知る。そうした環境に置かれている自分に、絵の力で何ができるのかを考えさせられます。 あとは、普段の制作ではどうしても「ここからここまでしか描けない」という時間の縛りがありますが、ホルトノキでは時間の縛りがありません。普段より何層も色を重ねて描くなど、時間をかけて惜しみなく制作ができます。



-ここで滞在制作したことで、ご自身の制作に変化はありそうですか?

まだ実感はありません。普段の制作でも展覧会で作品を見てもらうことで、自分では気付けなかったことを感想としていただくことを楽しみにしている節があります。なので今回も、沖縄での滞在で外山奏瑠という人間にどんな変化があったのか、展示を見ていただいた方からお話を聞くのが楽しみです。



投稿日:

ヨロコビtoカフェ
一部メニュー価格改定のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り心よりお礼申し上げます。

当店は各種メニューの価格を開店当初より変更せずご提供させていただいてまいりましたが、昨今の仕入れ価格の上昇、光熱費の上昇には営業努力だけでは対応しきれない状況です。

つきましては大変恐縮ではございますが、
2022年6月より一部メニューで価格の改定をさせていただきたくお願い申し上げます。

今後も引き続きお客様に喜んでいただけるよう努めてまいりますので、
何卒宜しくお願い申し上げます。

ヨロコビtoカフェ

投稿日:

ヨロコビtoギャラリー
アーチストインレジデンスのお知らせ

ヨロコビtoギャラリー2回目のアーチストインレジデンスが
今回も沖縄ヤンバルにあるホルトノキさんのご協力ではじまりました。

滞在していただく作家は外山奏瑠さん
山原の自然が満喫できるところで2月〜3月末まで
2ヶ月間滞在創作活動をしていただきます。

どんな絵が描かれるのか、とても楽しみです。


[外山奏瑠 HP]https://soulsotoyama.com

[ホルトノキ HP] https://www.hortonoki.com

投稿日:

10/1(金)より通常営業のお知らせ

「緊急事態宣言」の解除に伴いまして、ヨロコビtoギャラリー・カフェでは、 10/1(金)より営業時間を19:30まで通常営業とさせていただきます。
※カフェでのアルコール飲料(ビール)のご提供を再開いたします。

・平日 11:30〜19:30
・土日祝日 11:00〜19:30

※カフェラストオーダー
[フード]18:30まで/[ドリンク・スイーツ]19:00まで

 
引き続き衛生・換気・密集など細心の注意をはらい運営していきます。
変更がある場合は適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

投稿日:

作家の谷口広樹様がご逝去されました。

現在ヨロコビtoギャラリーで企画展『Here and There(そこかしこ)』を開催していただいている作家の谷口広樹様が急病のため、2021年8月30日(月)にご逝去されました。(享年64歳)
ここに謹んで哀悼の意を表し、心からご冥福をお祈り申し上げます。

作品の展示につきましては当初の期間通り9月12日(日)まで開催させていただきます。

投稿日:

「緊急事態宣言」延長に伴う営業時間短縮のお知らせ

「緊急事態宣言」の延長に伴いまして、ヨロコビtoギャラリー・カフェでは、 営業時間を19時までに変更させていただきます。
また、緊急事態宣言中はビールなどお酒のオーダーについては中止させていただきます。

・平日 11:30〜19:00
・土日祝日 11:00〜19:00

※カフェラストオーダー
[フード]18:00まで/[ドリンク・スイーツ]18:30まで

 
ギャラリー・カフェご利用のお客様には、期間中ご迷惑をおかけしますが、引き続き衛生・換気・密集など細心の注意をはらい運営していきます。
変更がある場合は適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

投稿日:

「緊急事態宣言」再発令による営業時間短縮のお知らせ

「緊急事態宣言」の再発令に伴いまして、ヨロコビtoギャラリー・カフェでは、 営業時間を19時までに変更させていただきます。
また、緊急事態宣言中はビールなどお酒のオーダーについては中止させていただきます。

・平日 11:30〜19:00
・土日祝日 11:00〜19:00

※カフェラストオーダー
[フード]18:00まで/[ドリンク・スイーツ]18:30まで

 
ギャラリー・カフェご利用のお客様には、期間中ご迷惑をおかけしますが、引き続き衛生・換気・密集など細心の注意をはらい運営していきます。
変更がある場合は適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2021年7月12日 投稿日:

「緊急事態宣言」の延長に伴う営業時間変更のおしらせ

「緊急事態宣言」の延長に伴いまして、ヨロコビtoギャラリー・カフェでは、4月25日〜6月20日までの間、 平日・土曜の営業時間を1時間短縮し以下の時間に変更させていただきます。また、緊急事態宣言中はビールなどお酒のオーダーについては中止させていただきます。

・平日 11:30〜19:00
・土日祝日 11:00〜19:00

※カフェラストオーダー
[フード]18:00まで/[ドリンク・スイーツ]18:30まで

 
ギャラリー・カフェご利用のお客様には、期間中ご迷惑をおかけしますが、
引き続き衛生・換気・密集など細心の注意をはらい運営していきます。
変更がある場合は適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。
ご理解よろしくお願いいたします。

2021年5月31日 投稿日:

「緊急事態宣言」の延長に伴う営業時間変更のおしらせ

「緊急事態宣言」の延長に伴いまして、ヨロコビtoギャラリー・カフェでは、
4月25日〜5月31日までの間、 平日・土曜の営業時間を1時間短縮し以下の時間に変更させていただきます。また、緊急事態宣言中はビールなどお酒のオーダーについては中止させていただきます。

※なお5月12日(水)より平日の営業開始時間が変更となりますのでご注意ください。
・平日11:30〜19:00(カフェオーダーストップ18:00)
・土日祝日11:00〜19:00(カフェオーダーストップ18:00)
 
ギャラリー・カフェご利用のお客様には、期間中ご迷惑をおかけしますが、
引き続き衛生・換気・密集など細心の注意をはらい運営していきます。
変更がある場合は適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。ご理解よろしくお願いいたします。

2021年5月11日
投稿日: