NEWS

8/4

オンラインショップにてミヤハラヨウコ展の作品の販売をはじめました。

8/3

8月3日(水)より、ミヤハラヨウコ展『せんのうた』がはじまりました。

6/11

新作の絵葉書<スガミカ・野口清村>販売開始いたしました。

6/2

ヨロコビtoカフェ 一部メニュー価格改定のお知らせ

「せんのうた」

ミヤハラヨウコ展『せんのうた』
2022年8月3日(水)〜8月10日(水)/8月16日(火)〜8月21日(日)
※8月11日(木祝)-15日(月)は夏期休業
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

ミヤハラヨウコ展にお越しいただくのが難しい方にもご購入いただけるよう、一部の作品をオンラインショップでも販売をはじめました。

本展では、ミヤハラヨウコが朝日新聞の短歌・俳句投稿欄「朝日歌壇」の挿絵として2022年4月まで一年にわたり描いた原画作品を中心に新作を交え展示する。短歌と俳句。限られた文字数の中で、身近な出来事、遠い国の事、起きていない事までも歌われたこの一年。鳥も歌えば、クジラも歌う。海の波も、風も、歌のよう。動物たちも、植物たちも、鉱物たちも独自の歌を独自の方法で歌っている。「とりのうた うみのうた やまのうた みんなのうた せんのうた。私がひいた線も波になって歌になって誰かに届くといいな」。ミヤハラの描いた動物たちの命のうたが展示空間にこだまする。

作家プロフィール 投稿日:

「ありがto」

野口清村展『ありがto』
2022年8月24日(水)〜9月11日(水)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

一見相容れないようなモチーフや色彩が画面上で独特な響きを奏で、野口清村の世界が創られる。本展のタイトル「ありがto」は当ギャラリーの名前「ヨロコビto」に由来する。西荻窪の街に根の真面目さを感じ、少し気を抜いたものにしたと言う。作品は大胆さより些細な工夫を意識し、きめ過ぎずモチーフが少し動く余地のあるよう仕上げた。「有難う」には有・難・感謝など複数の要素が含まれ、自身のコラージュのような制作手法にも合うと考えた。難のある場面や心境と共に、ちょっとした優しさや嬉しさが表現されている。

作家プロフィール 投稿日: