NEWS

10/12

奥山帆夏展作品紹介・販売価格一覧はこちらからご覧いただけます。

10/8

新作の絵葉書<奥山帆夏>販売開始いたしました。

10/7

10月7日(水)より、奥山帆夏展『微睡の中』がはじまりました。

6/11

新作の絵葉書<池平徹兵・山崎綾子>販売開始いたしました。

「微睡の中」

奥山帆夏展『微睡の中』
2020年10月7日(水)〜10月25日(日)
平日12時〜20時 土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時 月曜休

【作家在廊予定】
・10月7日(水) 13:00-16:00
・10月8日(木) 12:00-14:00
・10月20日(火) 16:00-18:00
・10月23日(金) 15:00-18:00
・10月24日(土) 13:00-19:00
※作家の都合により変更になる場合があります。
予めご了承ください。
※追加在廊がある場合は日時が決まり次第ご連絡させていただきます。

奥山帆夏は、自身の「原風景」を描く。奥山の眼の色を通した風景を他者に共有すべく、 視覚化する。「原風景の再構築」。それが奥山の作品の役割だと言う。本展示では、奥山の出身地・北海道の森林の情景を描く。ギャラリーに入れば、360度密集した木に囲まれる。時刻は正午から夕方5時。ふと見渡すと自分がどこに立っているか 分からなくなる。急に辺りが薄暗く感じ、一気に不安感に襲われる。そんな自然の怖い部分を表現する。 空の色が樹々に溶けて輪郭が曖昧になる。色彩の美しさに目を奪われるうちにゆらゆらと意識が遠のき、はっと我に返る。心地良くも不思議な時間が流れる。

奥山帆夏展作品紹介・販売価格一覧はこちらからご覧いただけます。

作家プロフィール

投稿日:

「KEMONO MAWARI」

ミヤハラヨウコ展『KEMONO MAWARI』
2020年10月28日(水)〜11月15日(日)
平日12時〜20時 土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時 月曜休

熱帯雨林の野生の猿と目が合った少年は、猿の瞳を見て「透明なガラスの向こうに”誰か”がいるのがわかった」と言った。少年は猿の目の中に、猿自身の個性を見つけたのだ。このエピソードはミヤハラヨウコの中で強く印象に残った。「瞳」はその者自身の心を写す。今回の展示でミヤハラが描くのは動物たちの個性を捉えた「肖像画」だ。彼、彼女らと真摯に向き合い細やかに描くその瞳が、光を受けて輝く毛の一本一本が、画面の中に生きている。

作家プロフィール

投稿日:

「Rubicon」

平賀充記展『Rubicon』
2020年11月18日(水)〜12月6日(日)
平日12時〜20時 土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時 月曜休
※祝日の月曜日も休廊いたします。

平賀充記がイタリアの旅路で描きためた作品に手を入れたい衝動に駆られたのが本展の始まりだ。しかし、完結した作品を再構築するのは、手が震えるほど勇気が試される作業だったという。壊しかねない。後戻りはできない。でも前へ進みたい。かの将軍カエサルがローマに変革をもたらすべくルビコン川を渡った時の覚悟、といったら大袈裟すぎるかな、と平賀は笑う。過去に固執するな。未来に向けて壊すのだ。その一線を超えていくのだ。幾度となく自己に語りかける中で生まれてきた作品たち。平賀の新たな視点と筆致、形と色彩の革新。『Rubicon』は挑戦の記録だ。

投稿日: