「Red,Blue,Green」

藤川孝之展『Red,Blue,Green』
2022年5月11日(水)〜5月29日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

【作家在廊予定】
※会期中の平日は14:00-18:00の間の在廊を予定しておりますが、
都合により変更が生じる場合がございますので予めご了承ください。
※作家在廊時にはギャラリーにて在廊制作を行います。
・5月11日(水) 11:30-18:00
・5月14日(土) 12:00-19:00
・5月15日(日) 13:00-18:00
・5月21日(土) 12:00-18:00
・5月22日(日) 12:00-18:00
・5月27日(土) 12:00-18:00
・5月28日(日) 12:00-18:00

赤・⻘・緑。色彩が発するメッセージを意識して藤川孝之は描く。丸、三角、四角、それぞれの形は確かな存在感を見せながら、色彩とおだやかに響きあう。藤川の色・形・線が紙の上に作り出す世界。その風景の中を旅する。藤川は日々、呼吸するように、自然に、まっすぐに作品と向き合う。本展でもギャラリーへ画材を持ち込みアトリエで描く時のように制作をするという。顔料、黒インク、アラビアゴム、膠といった藤川にとって慣れ親しんだ画材で描かれた世界に、彼が画家として描いてきた毎日が静かに流れている。

作家プロフィール 投稿日:

「絵の中の話」

永井雄二展『絵の中の話』
2022年6月1日(水)〜6月19日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

絵は出来事の断片だと永井雄二は考える。描いた絵から受け取った話を、本展では解説として添える。解説は、言うことをきかない心と、体の動く方向に左右されできあがった絵から「どなたか知れない自分の声」を受け取り作られた。途中で「別の自分」が書き換えることもあり、「自分」と「チーム自分」の共作だという。絵と解説をパズルのように楽しんでもらえたら、と永井は思う。本展示ではプリミティヴな紋様を取り入れた作品も発表する。紋様は永井が使い慣れない油絵具で描いたらなぜか現れたものだ。紋様が持つ自然への感謝や祈りの要素を取り入れることで絵に不思議な力を与えられ、それが描く意味となると考えた。モチーフが響き合い物語を紡ぐ絵と合わせ、生命の力が宿る力強い作品の魅力を味わえる展示となった。

作家プロフィール 投稿日:

「Long Beach Garden  “Monsuke”」

長浜孝広展『Long Beach Garden “Monsuke”』
2022年6月22日(水)〜7月10日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

『もんすけ』は⻑浜の祖母が守ってきた能登の片隅にある畑の愛称だ。小さい頃から祖母と過ごし、たくさんのことを学んだ特別な場所。その祖母が今年、享年100歳で他界した。全ての人が自然と共に生き、そして全て死んでいく。そんな終わらない永遠の営みを最後に祖母に教わった気がした、と⻑浜は話す。畑には、果樹や野菜、たぬきやキジなど小さな命が循環する。絶え間なく続くことの嬉しさ。雨の日も風の日も木漏れの日も、自然体のままに続く毎日。好きな土地で好きな農業を存分にやりながら生きた祖母の生き様。⻑浜にとって『もんすけ』は人生やこの世界を凝縮したようなものであり、描いて描いて永遠に残したい場所なのだ。

作家プロフィール 投稿日: