「種火を絶やすな」

久住ヒデト展『種火を絶やすな』
2021年9月15日(水)〜10月3日(日)
平日11:30〜19:00 土日祝日11:00〜19:00
月曜休
※祝日の月曜日も休廊します。
※緊急事態宣言の延長に伴いまして、9月30日までの営業は19:00までとさせていただきます。

【作家在廊予定】
・9月15日(水) 12:00-19:00
・9月18日(土) 12:00-19:00
・9月22日(水) 12:00-19:00
・9月25日(土) 12:00-19:00
・9月29日(水) 12:00-19:00
・10月1日(金) 12:00-19:00
・10月2日(土) 12:00-19:00
・10月3日(日) 12:00-19:00
※作家の都合により予告なく日時が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止策に伴い、会期や営業時間等に変更が生じる場合は適時WEBやSNSでお知らせいたします。

久住ヒデト展にお越しいただくのが難しい方にもご購入いただけるよう、一部の作品をオンラインショップでも販売をはじめました。

自分の中に芽生えたワクワクやドキドキのことを「落書き家」の久住ヒデトは「種火」と呼ぶ。 「種火」を形にするのはやっかいで、大変な作業だ。その過程には辛いことの方が多い。久住も、自分の「種火」を形にできず動けずにいた時期があった。だが「諦めや言い訳でせっかく芽生えた種火を絶やすのはもったいない」。久住は、極彩色の絵の具を乗せて力強く筆を走らせ、思いを灯す。スプレーが縦横無尽に吹き付けられた画面の下から、久住の真っ直ぐなメッセージが覗く。種火を形にすべく「戦っているアナタ」へ、エールが届くよう描く。「種火を絶やすな」。種火は可能性だ。芽生えた種火を大切に灯し続ければ、自分の未来を明るく照らしてくれると信じている。

作家プロフィール 投稿日:

「私のベッド」

川上和歌子展『私のベッド』
2021年10月6日(水)〜10月24日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

人の体程ある水色の大きなインコたちがギャラリーの白い空間に集う。壁にはさらに大きなハルジオンの花がインコを抱くように咲く。インコには顔がなく全て同じ手法で作られているが、一羽ずつ表情は異なる。作家と等身大にしたことで、各々の体にはずっしりとした命の実感を伴う。川上とインコとの最初の出会いは、子供の頃に飼っていたセキセイインコ「ピロ」だ。迎えた喜びも束の間、僅か2週間で旅立ってしまい、羽色が美しい水色だったことしか思い出せない。その面影を探りながら少しずつ個体差のある水色のインコを具現化する時、ようやく天国のピロと向き合えるのだと川上は言う。ハルジオンは小さな生き物の営みを包み込む穏やかなベッドのようだ。儚く消えたピロの命もベッドのごとく優しく包み込んでくれるはずだ。

作家プロフィール 投稿日: