NEWS

4/3

本日12時より、Aokid展『踊ったあとの風景』を開催いたします。

3/5

「春の絵葉書」お得な5枚セットを、店舗・ネットshopで販売はじめました。オンラインショップへ

2018 3/30

カフェギャラリーのレンタル情報を公開しました。

「踊ったあとの風景」

スクリーンショット 2019-02-27 12.08.52

Aokid展『踊ったあとの風景』
2019年4月3日(水)〜4月21日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休

【作家在廊予定日】
・4日(木) 17:00-20:00
・5日(金) 17:00-20:00
・9日(火) 12:00-16:00
・11日(木) 16:00-19:00
・12日(金) 17:00-20:00
・14日(日) 11:00-15:00
・17日(水) 17:00-20:00
・18日(木) 15:30-17:30
・20日(土) 17:00-20:00
※作家の都合で予定が変更される場合がございます。
あらかじめご了承ください。

必ずしもそれは踊ったすぐあとに描かれたものではないけれど。「自然」の中において踊ることや描くことが日々続けられていて、その指先の仕事によって紙や空間を通して細部に、または表情や呼吸によって、見る側との間で関係が始まっていく。「自然」とそれを呼んだのは、「光があたるところから暗いところまでは連なりとしてある」と思っているから。踊りきったあと肩でする呼吸のような運動が、絵の中にでも起きる予感を少し持ち、Aokidはいま描いている。

作家プロフィール

投稿日:

「sonna conna」

nagai_yuji

永井雄二展『sonna conna』
2019年4月24日(水)〜5月12日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休

永井雄二がモチーフとするのは、偶然の中に生まれたもの。そんな「カタチ」やこんな「コト」。それらのモチーフが持つ個性や、それらの出来事に纏わる過去や未来をつなぎ合わせるため、永井は試行錯誤を重ねる。開発や実験を繰り返す。すると、無秩序であったはずのモチーフに繋がりが生まれ、ひとつの日常のシーンのような表現が完成する。その作業の過程は、楽しみと可能性に満ちていて、まるで空想の中の実験室や工場にいるような感覚だ。緻密な作業と設計のセオリーにより「そんな こんな」で出来上がった作品に、物語を見つけるのは鑑賞者自身である。

作家プロフィール

投稿日:

「Breath of life」

shyojima_2019

庄島歩音展『Breath of life』
2019年5月15日(水)〜6月2日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休

おだやかにさえずる小鳥、風にゆれて静かに薫る花々、甘露のような果実。小さくても、すべての命に物語がある。芽吹き育つものの瑞々しさ、かがやく命の瞬き。私たちの身近な日常のなかにこそ、日々を豊かにし、毎日にささやかな幸福をもたらしてくれる瞬間がある。「Breath of life」。それらを見逃さないよう、やわらかな視点で記憶したものたちをコラージュするように、庄島は今日も描いている。

作家プロフィール

投稿日:

「あのよはこのよ」

スクリーンショット 2019-04-18 12.14.51

首藤円美展『あのよはこのよ』
2019年4月24日(水)〜5月12日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休
※5月14日(火)は休廊とさせていただきます。
※5月18日(土)は18時30分より、西荻窪GypsySwingFestivalのライブのため、ギャラリー・カフェギャラリー共に作品の閲覧ができまん。

投稿日: