「私のベッド」

川上和歌子展『私のベッド』
2021年10月6日(水)〜10月24日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

【作家在廊予定】
10月13日(水) 12:00-15:00
10月16日(土) 12:00-18:00
10月17日(日) 12:00-18:00
10月20日(水) 13:00-18:00
10月23日(土) 13:00-18:00
10月24日(日) 13:00-18:00
※都合により予告なく日時が変更になる場合がございます。
予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止策に伴い、会期や営業時間等に変更が生じる場合は適時WEBやSNSでお知らせいたします。

川上和歌子展にお越しいただくのが難しい方にもご購入いただけるよう、一部の作品をオンラインショップでも販売をはじめました。

人の体程ある水色の大きなインコたちがギャラリーの白い空間に集う。壁にはさらに大きなハルジオンの花がインコを抱くように咲く。インコには顔がなく全て同じ手法で作られているが、一羽ずつ表情は異なる。作家と等身大にしたことで、各々の体にはずっしりとした命の実感を伴う。川上とインコとの最初の出会いは、子供の頃に飼っていたセキセイインコ「ピロ」だ。迎えた喜びも束の間、僅か2週間で旅立ってしまい、羽色が美しい水色だったことしか思い出せない。その面影を探りながら少しずつ個体差のある水色のインコを具現化する時、ようやく天国のピロと向き合えるのだと川上は言う。ハルジオンは小さな生き物の営みを包み込む穏やかなベッドのようだ。儚く消えたピロの命もベッドのごとく優しく包み込んでくれるはずだ。

協力:パトロンプロジェクト https://patronproject.jimdofree.com/

作家プロフィール 投稿日:

「sirome.net」

あけたらしろめ展『sirome.net』
2021年10月27日(水)〜11月14日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

双子のシロとメロというキャラクターをモノクロで描く画家『あけたらしろめ』による展示だ。自由に描くことの喜びをうたう“Draw along”、新キャラクター誕生を描く“シロとメロのミートパイ”、新作楽曲映像 “Forget me not MV”、楽曲「ちょっと」の映像をリメイクした“シロとメロの物語”の4部で構成され、ウェブサイト sirome.net と作品を展示するギャラリーの双方からアクセスできる。sirome.net は、自宅にいながら作品世界を隅々まで堪能できるようオンライン上の個展として作家自身が立ち上げ、会期中はオンライン在廊も予定している。 「今日もネットで会おうね」。ネット上で作家活動を始め、作品を愛してくれる人々との出会いと対話を大切にしてきた彼ならではの、いまこの世界でも軽やかに在るための試みである。

作家プロフィール 投稿日:

「THE WORLD ATLAS」

外山奏瑠展『THE WORLD ATLAS』
2021年11月17日(水)〜12月5日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

外山奏瑠の瑞々しい色彩は淡い光を放つ。木漏れ日の揺らぎの中に身を委ねるような心地良さを覚え、私達の体ごとあたたかい幻想世界に溶け込んでいくようだ。外山にとって絵を描くことは、自分自身の脳内や人知を超越した場所に回遊しているイメージを此の世に持ち帰り、実態として遺す行為だと言う。水彩の滲みを生かした表現で絵の具の粒子と戯れながら、紙の上に幻想の風景を投影していく。その過程で絵と対話をし、互いに心を開くようにタイトルをつける。そうして生み出された絵という物質を束ねた本展が、鑑賞者を好転へと導く地図となることを外山は心から望んでいる。

投稿日: