NEWS

6/21

「まん延防止等重点措置」に伴うカフェの営業について

6/20

・ダイモンナオ展『草と本の草』は6月20日(日)をもって終了いたしました。ご高覧を賜りまことにありがとうございました。
・6月21日(月)と6月22日(火)は展示設営作業のため、ギャラリー・カフェともに休業とさせていただきます。
・6月23日(水)11:30より、Aokid展『The Painting,Drawing and Magicking!(ペインティング、ドローイング、マジッキング!)』を開催します。

6/15

6月15日(火)より、ヨロコビtoカフェにてコマツソウルカッター展『KOMATSUSOULCUTTER ECHOES OF MY FOOTSTEPS 2』がはじまりました。

3/22

営業時間のお知らせ

「The Painting, Drawing and Magicking!(ペインティング、ドローイング、マジッキング!)」

Aokid展『The Painting,Drawing and Magicking!(ペインティング、ドローイング、マジッキング!)』
2021年6月23日(水)〜7月11日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

ダンサーであり、アーティストである Aokid によるドローイング・ペインティングの展示だ。マジックペンやマーカーでの描写は、Aokid の思考と身体表現の延⻑線上にある。色彩が飛び交うリズミカルな世界への胸の高鳴りは、 音楽に乗せ体を動かしたくなる衝動に似ている。 パフォーマンスやプロジェクトに付随するもの、またはその展開を予期させるものという印象が強かったこれまでの作品から、段々とそれらから独立させようと取り組んでおり、また一方で以前の形へ立ち返ろうと拮抗し合っていると言う。Aokid の思考の始まりや予感を感じてほしい。

作家プロフィール 投稿日:

「So Lovely」

黒田愛里展『So Lovely』
2021年7月14日(水)〜8月1日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

「散歩中、家の中、雨の日だって素敵なことが見つかると、自分の好きを集めているようでとても楽しい。」変わらない毎日でも、ちいさな発見やささやかな楽しみをみつけた時、見える世界は鮮やかになる。本展示では、カラフルな配色のアクリル画、モノクロの線画の他に、オーナメントや置物といった初の陶器作品を発表する。心が浮き立つ仕掛けいっぱいの空間で、黒田愛里が描くキュートでポップな人物や動物たちが楽しげに動きだす。

作家プロフィール 投稿日:

「いとしき いのちの いきもの展」

『いとしき いのちの いきもの展』
夏の特別企画ー10人の作家が描いた「いきもの」たち


2021年8月4日(水)〜8月11日(水)
2021年8月17日(火)〜8月22日(日)
※2021年8月12日(木)〜16日(月)は夏期休廊。
平日11:30〜19:30
土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

【出品作家】(50音順)
池平徹兵/えんどうゆりこ/小川かなこ/
杉山陽平/中村ゆずこ/西谷直子/ミヤギユカリ/
ミヤハラヨウコ/若林哲博/若林 夏

10人の作家が、その筆先から「いのち」を吹き込むように描いた、
かわいく、美しく、気高く、愉快で、不思議な「いきもの」たち。
愛くるしい表情や戯けた仕草に、ふっと笑顔を誘われ、
爪牙や瞳の奥に潜む野性に息をのむ。
悠々とした美しい姿には、こころが解放されていくのを感じることでしょう。
「いきもの」たちの、「いのち」あるものへの「いとおしさ」を、
作家10人が独自の視点と手法でメタフォリカルに表現しています。

詳細はこちら

投稿日:

「KOMATSUSOULCUTTER ECHOES OF MY FOOTSTEPS 2」

ヨロコビtoカフェ コマツソウルカッター展『KOMATSUSOULCUTTER ECHOES OF MY FOOTSTEPS 2』
2021年6月15日(火)〜7月4日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

2020年7月に急逝したコマツソウルカッター。シルクスクリーン・銅版画、ミュージシャンとのライブカッティング等、多くの作品を残した彼の歩みを概観できる展示、第2弾。2016年から2017年に製作したシルクスクリーンプリントに加え、初期作品のカラー作品と未発表の銅版画や、東京の路上で行った道路個展の資料などを展示します。

投稿日: