「微睡の中」

奥山帆夏展『微睡の中』
2020年10月7日(水)〜10月25日(日)
平日12時〜20時 土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時 月曜休

【作家在廊予定】
・10月7日(水) 13:00-16:00
・10月8日(木) 12:00-14:00
・10月20日(火) 16:00-18:00
・10月23日(金) 15:00-18:00
・10月24日(土) 13:00-19:00
※作家の都合により変更になる場合があります。
予めご了承ください。
※追加在廊がある場合は日時が決まり次第ご連絡させていただきます。

奥山帆夏は、自身の「原風景」を描く。奥山の眼の色を通した風景を他者に共有すべく、 視覚化する。「原風景の再構築」。それが奥山の作品の役割だと言う。本展示では、奥山の出身地・北海道の森林の情景を描く。ギャラリーに入れば、360度密集した木に囲まれる。時刻は正午から夕方5時。ふと見渡すと自分がどこに立っているか 分からなくなる。急に辺りが薄暗く感じ、一気に不安感に襲われる。そんな自然の怖い部分を表現する。 空の色が樹々に溶けて輪郭が曖昧になる。色彩の美しさに目を奪われるうちにゆらゆらと意識が遠のき、はっと我に返る。心地良くも不思議な時間が流れる。

奥山帆夏展作品紹介・販売価格一覧はこちらからご覧いただけます。

作家プロフィール

投稿日: