「happy together (一緒に幸せ)」

山崎綾子展『happy together (一緒に幸せ)』
2021年5月12日(水)〜5月30日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

プルメリアは5枚の花びらをもつ。だが4枚で咲くものを見つけると幸運が訪れるという。植物や動物のふとした表情や姿、きれいな景色を見つけた時、ちょっと嬉しくてしあわせな気分になる。思わず「うふふ」と笑顔になり、小さなしあわせを誰かにお裾分けしたくなる。喜びも悲しみも、一緒に分かち合うことで笑顔が生まれ、しあわせは育まれる。山崎綾子の描く絵は、そんな「うふふ」のお裾分けだ。新緑が薫る風に包まれるように、やわらかな幸福感にみちた展示空間となった。

作家プロフィール 投稿日:

「空中天国」

櫻井乃梨子展『空中天国』
2021年4月21日(水)〜5月9日(日)
平日12時〜20時 土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時 月曜休
※祝日の月曜日も休廊します。
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

思い切りマスクを外して どこか遠くへ旅に出たい
誰も知らない場所へ この身ひとつでポーンと行ってみたい
何も考えず この時だけ この空間は あなただけの『空中天国』
櫻井乃梨子が描く風景や動物。行ったことがないはずなのに、どこか懐かしい景色。 春から初夏に向けて吹くやわらかな風の中を漂うような、開放感あふれる色彩の旅へ。

作家プロフィール 投稿日:

「めくるめく世界」

越後しの展『めくるめく世界』
2021年3月31日(水)〜4月18日(日)
平日12時〜20時 土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時 月曜休
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

【作家在廊予定】
●3月31日(水) 13:00-20:00
個展初日のみの在廊の予定です。
※仙台在住の作家につき、以降、会期中の在廊予定はございません。
※作家の都合ほか事由により在廊日時は変更になる場合がございます。 予めご了承ください。

越後の中で浮遊している、とりとめのない物語。それらのかけらを拾い集め、見る者の心の中でイメージが膨らむことを願いながら、一枚一枚紡ぐように大切に描く。本展示では、新作を中心にアクリル画、鉛筆画、紙板版画作品を発表する。こどもたちの頰やそのちいさな指先からじんわりと体温が伝わってくる。動物たちの鼓動が微かに空気を揺らす。越後の描く「めくるめく世界」の中に、彼らは確かに生きている。

作家プロフィール 投稿日:

「TIME LEAP WORKS」

長田哲展『TIME LEAP WORKS』
2021年3月10日(水)〜3月28日(日)
平日12時〜20時 土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時 月曜休
※3月23日より、通常営業となります。
※営業時間は短縮変更になる可能性がございます。 適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

【作家在廊予定】
●3月10日(水) 12:00-19:00
※会期中の作家在廊は個展初日のみとなります。
※作家の都合により時間は変更になる場合がございます。
変更が生じる場合はギャラリーのWEBやSNSでお知らせいたします。

長田哲は、手のひらほどの紙にボールペンで日々ドローイングを描いている。それをもとに、色鉛筆や水彩、墨汁等を用いて絵を描く。すぐには完成させず、数十点を同時並行で制作することが多い。描き終えた絵や途中の絵に、ドローイングを写し描くことで、「絵の中」に「絵」を内在させる。この葉書のビジュアルとなった絵には、4年前の個展で発表した4点の絵を小さく内在させている。完成まで10年以上を要す絵もある。 時をかけ、イメージの内在と内包を試みる長田の『タイムリープワークス』。それら60点におよぶ作品群を展示発表する。

作家プロフィール 投稿日:

「あの星の声がきこえるか」

若林哲博展『あの星の声がきこえるか』
2021年2月17日(水)〜3月7日(日)
平日12時〜19時 土曜11時〜19時
日曜祝日11時〜19時 月曜休
※「緊急事態宣言」の再発令に伴いまして、3月21日まで営業時間を19時までに変更させていただきます。
変更がある場合は適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

【作家在廊予定】
●2月17日(水)12:00-18:30
※会期中の在廊は初日のみとなります。
※作家の都合により時間は変更になる場合がございます。
変更が生じる場合はWEBやSNSでご案内いたします。

『陽は上り また沈み/おそれを 知らぬ/この風は 何処へ。/こころに 耳をすましてみる。/あの星の声がきこえるか。』若林哲博が本展で描くのは、しんしんと星が輝く音が聞こえるほど、静かな静かな世界だ。深く広がる夜空のような、凪いだ湖面のような、森の奥深くに漂う空気のような静寂の世界を、若林の筆致が叙情的に描き出す。

作家プロフィール

投稿日:

「rakonto」

谷小夏展『rakonto』
2021年1月27日(水)〜2月14日(日)
平日12時〜19時 土曜11時〜19時
日曜祝日11時〜19時 月曜休
※「緊急事態宣言」の再発令に伴いまして、3月7日まで営業時間を19時までに変更させていただきます。
変更がある場合は適時判断しWEBやSNSなどでお知らせいたします。

【作家在廊予定】
●個展会期中、13:00-18:00に在廊を予定しております。
※作家の都合により在廊日時は変更になる場合がございます。
変更が生じる場合はWEBやSNSでご案内いたします。

谷小夏の作品には、映画の一コマを切り抜いたような静かな臨場感がある。強くしなやかな線や、レリーフのように深く刻まれる陰影が描き出す世界には、谷が⻑く傾倒してきた古代文明の記憶が息づいているようだ。「rakonto」。エスペラント語で「物語」の意である。谷は、作品集「rakonto」を制作すべく、物語がぼんやりと見える「音のない漫画」のような作品を描き溜めてきた。 エスペラント語は異なる国の人々が互いに意思疎通を図ることを目的として作られた人工言語だ。 しかしその言葉を日常的に用いる人はほとんどいない。遠くどこかにひっそりと確かに存在する名もなき国。エスペラント語は、谷の描く世界と重なる。

作家プロフィール 投稿日:

「WONDER LAND」

ミヤギユカリ展『WONDER LAND』
2021年1月5日(火)〜1月24日(日)
平日12時〜19時 土曜11時〜19時
日曜祝日11時〜19時 月曜休
※祝日の月曜日も休廊いたします。
※「緊急事態宣言」の再発令に伴いまして、1月12日より営業時間を19時までに変更させていただきます。

【作家在廊予定】
・1月16日(土) 15:00-18:00
・1月17日(日) 15:00-18:00
・1月23日(土) 15:00-18:00
・1月24日(日) 15:00-18:00
※作家の都合で変更になる場合もございます。
あらかじめご了承ください。

「まだ見たことがない世界を描きたい」。山の奥深く。森の大樹の下。草原の花園。 孤高の頂。風の渡る谷。こんこんと湧く泉の水面。軽やかに跳び、のびやかに駆け出す生きものたち。ミヤギユカリが見せてくれるのは、神々しい生きものたちが自由に遊ぶ「WONDER LAND」。ちょっと不思議で奇蹟のような世界をご覧ください。

作家プロフィール 投稿日:

「10 ARTISTS OF SANTA CLAUS」

『10 ARTISTS OF SANTA CLAUS』
10人が描いた “アートの贈物”
クリスマス特別企画展

2020年12月9日(水)〜12月25日(金)
平日12時〜20時
土曜11時〜20時
日祝11時〜19時
月曜休

手のひらにのるような可愛らしい小品や、棚や壁へ飾るのにも程良いサイズやプライスの作品を中心に、作家10人がそれぞれの視点で描いた〝アートの贈物〟を期間限定で展示販売いたします。

【出品作家】(50音順)
あけたらしろめ/越後しの/えんどうゆりこ/
杉山 巧/嶽まいこ/ただあやの/西谷直子/
藤川孝之/村松佑樹/若林哲博

【作家在廊予定】
えんどうゆりこ
・12月15日(火)15:30-19:30
・12月18日(金)12:00-15:00
・12月22日(火)13:30-17:30
杉山巧
・12月9日(水)13:00-15:00
・12月12日(土)15:00-17:00
西谷直子
・12月9日(水)12:00-16:30
・12月12日(土)12:00-15:00
・12月18日(金)14:00-19:00
・12月25日(金)19:00-20:00
※作家の都合で変更になる場合もございます。
あらかじめご了承ください。

リビングルームやダイニングカウンターに、ワークスペースやこども部屋の机のうえに、本棚の片隅やベッドサイドのランプのもとに。一枚の絵が日々の暮らしにもたらす楽しさやこころの豊かさを、あなたの大切なひとへ贈りませんか。クリスマスや季節の贈物のために大切に描かれたアート作品が、 作家10人のアトリエから届きました。宝物のように美しく愛おしい、こころに響く贈物がここにあります。

詳細はこちら 投稿日:

「Rubicon」

平賀充記展『Rubicon』
2020年11月18日(水)〜12月6日(日)
平日12時〜20時 土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時 月曜休
※祝日の月曜日も休廊いたします。

【作家在廊予定】
・12月1日(火) 17:00-19:00
・12月2日(水) 14:00-19:00
・12月3日(木) 13:00-19:00
・12月4日(金) 14:00-19:00
・12月5日(土) 16:00-19:00
・12月6日(日) 13:00-19:00
※作家の都合により変更になる場合があります。
予めご了承ください。

平賀充記がイタリアの旅路で描きためた作品に手を入れたい衝動に駆られたのが本展の始まりだ。しかし、完結した作品を再構築するのは、手が震えるほど勇気が試される作業だったという。壊しかねない。後戻りはできない。でも前へ進みたい。かの将軍カエサルがローマに変革をもたらすべくルビコン川を渡った時の覚悟、といったら大袈裟すぎるかな、と平賀は笑う。過去に固執するな。未来に向けて壊すのだ。その一線を超えていくのだ。幾度となく自己に語りかける中で生まれてきた作品たち。平賀の新たな視点と筆致、形と色彩の革新。『Rubicon』は挑戦の記録だ。

投稿日:

「KEMONO MAWARI」

ミヤハラヨウコ展『KEMONO MAWARI』
2020年10月28日(水)〜11月15日(日)
平日12時〜20時 土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時 月曜休

【作家在廊予定】
・10月29日(木) 13:00-17:00
・11月1日(日) 13:00-17:00
・11月3日(火祝) 13:00-17:00
・11月8日(日) 13:00-17:00
・11月10日(火) 15:00-17:00
・11月14日(土) 13:00-17:00
・11月15日(日) 13:00-17:00
※作家の都合により変更になる場合があります。
予めご了承ください。
※追加在廊は日時が決まり次第お知らせいただきます。

熱帯雨林の野生の猿と目が合った少年は、猿の瞳を見て「透明なガラスの向こうに”誰か”がいるのがわかった」と言った。少年は猿の目の中に、猿自身の個性を見つけたのだ。このエピソードはミヤハラヨウコの中で強く印象に残った。「瞳」はその者自身の心を写す。今回の展示でミヤハラが描くのは動物たちの個性を捉えた「肖像画」だ。彼、彼女らと真摯に向き合い細やかに描くその瞳が、光を受けて輝く毛の一本一本が、画面の中に生きている。

作家プロフィール 投稿日: