「やまだらのはら」

endoyuriko2019

えんどうゆりこ展『やまだらのはら』
2019年6月26日(水)〜7月14日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休

【作家在廊予定】
・7月13日(土) 14時~20時
・7月14日(日) 11時~19時(終日)
※作家の都合により変更になる場合がございます、ご了承ください。

えんどうゆりこが描く山は、やさしく、大きく、おだやかな波のようだ。ゆるやかな稜線は私たちを守るように包み込む。えんどうはふるさとの山や、その裾野に広がる野原や花々、そこで暮らすいきものたちに目を留める。そこから離れ、それらが思い出になっても、記憶を辿るように丁寧に、形を確かめながら大切に描線を繋ぎ、細やかに色をのせていく。

作家プロフィール

投稿日:

「夢の紡ぎ方」

夢の紡ぎ方

越後しの展『夢の紡ぎ方』
2019年6月5日(水)〜6月23日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休

浅野託矢ピアノライブ
絵/越後しの、映像制作・音楽/浅野託矢
・日時 6月22日(土) 開場18:30~ 開演19:00~
・入場料 ¥1,500(ワンドリンク付き)

【作家在廊予定】
・6月 5日(水) 13:00-18:00
・6月22日(土) 13:00-20:00
・6月23日(日) 13:00-18:00
※作家の都合により予定が変更されることもございます。予めご了承ください。

凛として諭すようにこちらを見つめる子どもたち。その何かを語りかけるような表情に、はっとして、目を離せなくなる。行き場のない感情を受け止めてくれるかと、思わずこちらも語り返してしまう。越後しのは、出会う人々の想いをより合わせ、優しく紡ぎ、描く。少年少女の夢を、作品と出会う人々の夢を紡ぐ。「この個展も何かの始まりであり、何かの続きである」と越後は言う。言葉にならないたくさんの想いを、絵という物語に変えて対話できるような、そんな展示になった。

作家プロフィール

投稿日:

「Breath of life」

shyojima_2019

庄島歩音展『Breath of life』
2019年5月15日(水)〜6月2日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休
※5月18日(土)は18時30分より、西荻窪GypsySwingFestivalのライブのため、ギャラリー・カフェギャラリー共に作品の閲覧ができません。

おだやかにさえずる小鳥、風にゆれて静かに薫る花々、甘露のような果実。小さくても、すべての命に物語がある。芽吹き育つものの瑞々しさ、かがやく命の瞬き。私たちの身近な日常のなかにこそ、日々を豊かにし、毎日にささやかな幸福をもたらしてくれる瞬間がある。「Breath of life」。それらを見逃さないよう、やわらかな視点で記憶したものたちをコラージュするように、庄島は今日も描いている。

作家プロフィール

投稿日:

「あのよはこのよ」

スクリーンショット 2019-04-18 12.14.51

首藤円美展『あのよはこのよ』
2019年4月30日(火)〜5月19日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休
カフェギャラリー:首藤円美展『あのよはこのよ』終了いたしました。ご高覧賜りありがとうございました。

投稿日:

「sonna conna」

nagai_yuji

永井雄二展『sonna conna』
2019年4月24日(水)〜5月12日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休

永井雄二がモチーフとするのは、偶然の中に生まれたもの。そんな「カタチ」やこんな「コト」。それらのモチーフが持つ個性や、それらの出来事に纏わる過去や未来をつなぎ合わせるため、永井は試行錯誤を重ねる。開発や実験を繰り返す。すると、無秩序であったはずのモチーフに繋がりが生まれ、ひとつの日常のシーンのような表現が完成する。その作業の過程は、楽しみと可能性に満ちていて、まるで空想の中の実験室や工場にいるような感覚だ。緻密な作業と設計のセオリーにより「そんな こんな」で出来上がった作品に、物語を見つけるのは鑑賞者自身である。

作家プロフィール

投稿日:

「踊ったあとの風景」

スクリーンショット 2019-02-27 12.08.52

Aokid展『踊ったあとの風景』
2019年4月3日(水)〜4月21日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休

必ずしもそれは踊ったすぐあとに描かれたものではないけれど。「自然」の中において踊ることや描くことが日々続けられていて、その指先の仕事によって紙や空間を通して細部に、または表情や呼吸によって、見る側との間で関係が始まっていく。「自然」とそれを呼んだのは、「光があたるところから暗いところまでは連なりとしてある」と思っているから。踊りきったあと肩でする呼吸のような運動が、絵の中にでも起きる予感を少し持ち、Aokidはいま描いている。

作家プロフィール

投稿日:

「TROPICAL」

スクリーンショット 2019-02-06 19.18.40

江越ミカ展『TROPICAL』
2019年3月13日(水)〜3月31日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休

江越ミカ、初個展『TROPICAL』。熱帯の強い太陽の光に反応し、美しく鮮やかに存在感を増す動物、植物、女性たちの「トロピカルのくに」を描いた。カラフルな“イロ”は強く透明な光で輝きを増し、“シロ”は自分の輪郭に収まりきらず溢れ出し、幻想的な滲みを生みだす。強い光を浴び続けると、ベランダのカラフルな手すりも色褪せるように、“イロ”は少しずつ鮮やかさを失っていく。『TROPICAL』の輝き、そして懐かしさと少しの切なさ、二面性を持つ世界を表現している。

作家プロフィール

投稿日:

「うふふ」

スクリーンショット 2019-01-16 12.26.14

佐藤香苗展『うふふ』
2019年2月20日(水)〜3月10日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休

※作家の都合により在廊予定が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

ここちの良い色面に、余計なものを削ぎ落としたシンプルな形が穏やかに響き合う。佐藤香苗はふと目に留めた身近な存在を描く。そのユーモア溢れるやさしいいきものたちの姿には、見るものも思わず顔がほころぶ。今回、佐藤香苗が描くのは、春の訪れに心を躍らせるふんわりごきげんないきものたちだ。少しあかるくやわらかになっていく早春の風がギャラリーいっぱいに広がる頃、佐藤香苗展「うふふ」が始まる。

作家プロフィール

投稿日:

「雲と土のあいだ」

20620053_001

ダイモンナオ展『雲と土のあいだ』
2019年1月30日(水)〜2月17日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休
※2月11日(月祝)は休まず営業します。
12日(火)は振替休廊とさせていただきます。

目を閉じると浮かんでくる風景。ダイモンナオが「雲と土のあいだ」の風景を描いた作品展がはじまる。「雲と土のあいだ」。それは、広がる天と地のあいだにある空間だ。山々の緑。草木の緑。地を覆う芝の緑。海と川、湖の水色。雲や砂のグレー。遠い記憶にひっそりと存在する空間をダイモンナオの色彩が捉えていく。

作家プロフィール

投稿日:

「 fūkei 」

スクリーンショット 2018-12-07 11.36.32 1

谷口広樹展『fūkei』
2019年1月5日(土)〜1月27日(日)
平日12時〜20時 
土曜11時〜20時
日曜祝日11時〜19時
 月曜休
※1月14日(月祝)は休まず営業します。
15日(火)は振替休廊とさせていただきます。

谷口広樹がしばらく描いていなかった「風景画」。今回の企画展ではその「風景」に挑戦する。長きにわたり描き続けてきた『homosapiensaru』のまなざしの先にある景色なのか、水面や夕映えの色なのか。あるいは『儘花』のなかに潜む曼荼羅か、宇宙なのか。2019年、新しい年の始まり。真冬の澄んだ空気のなかで、谷口広樹が描いた『fūkei』をご覧ください。

作家プロフィール

投稿日: