第1回 ヨロコビto公募展
“ライフアートアワード”審査結果


ヨロコビtoギャラリー初の公募展企画である第1回ヨロコビto“ライフアートアワード” において、「現在の日常」そして「これからの日常」と共にあるアートを表現する作家を公募したところ、全国各地より118件のご応募を頂きました。
ご提出いただいたポートフォリオを1点1点拝見し、ギャラリースタッフ全員で選考を行いました結果、大賞者1名、準大賞者2名、入賞者3名を決定いたしましたので発表いたします。

なお、大賞者は2024年7月31日(水)~8月25日(日)、ヨロコビtoギャラリーでの個展開催が決定しております。 熱意あふれる作家様方からの多数のご応募に心よりお礼申し上げます。



大 賞


河嶋菜々

<評価コメント>
植物などのモチーフを優しいフォルムかつ美しい色彩で表現している点や、具象と抽象の間での構成が新鮮で独創的である点、一見日常とは少し離れたところにある「日本画」を作家の感性と技術でやわらかく日常に寄り添うアートに落とし込んでいる点などから、本公募展の大賞にふさわしい魅力的な作家であると判断し、選出に至りました。





準 大 賞

OJIYU
ちなみ



入 賞

秋元はづき
池田はるか
原口祥絵





第1回 ヨロコビto公募展“ライフアートアワード”募集要項

投稿日:

「ていねいに生きていくんだ。」

ヨロコビtoカフェ あき/さとみかずのり/強かに生きる。3人展
『ていねいに生きていくんだ。』

2023年8月22日(火)〜9月3日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
※8月28日(月)・29日(火)は店舗休業日

美しいものを信じることが、
いちばんの早道だ。
ていねいに 生きて行くんだ。

【作家在廊予定】
※在廊日時は都合により変更になる場合がございます。
※追加在廊がある場合は順次お知らせいたします。

●あき
・8月26日(土) 13:00-18:00
・8月27日(日) 13:00-18:00
・9月2日(土)13:00-18:00
・9月3日(日)13:00-18:00

●さとみかずのり
・8月26日(土) 13:00-18:00
・8月27日(日) 13:00-18:00
・9月2日(土)13:00-18:00
・9月3日(日)13:00-18:00

●強かに生きる。
・8月26日(土) 13:00-18:00
・9月2日(土)13:00-18:00
・9月3日(日)13:00-18:00


投稿日:

「わいわいわいと7月の彩(イロドリ)

ヨロコビtoカフェ
森まき展『わいわいわいと7月の彩(イロドリ) もりまきわーるど』

2023年7月12日(水)〜7月23日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休

【作家在廊予定】
7/13(木)・18(火)・21(金)を除く毎日在廊
・12:00-17:30
※在廊日時は都合により変更になる場合がございます。

何気なく当たり前の顔をして存在するものたち。
そんなありふれた日常を鏡にして自分の生きてる世界を覗いてみたら?
そこには「はッ!」とする気づきが映り込んでいるかもしれない。

”大切なあの人へプレゼントしようかな~”
そんな気持ちで見てもらえたらうれしいです。

こっちにおいでよ!
楽しいよ(^^♪
販売もいたします。
カッコいいサインの箱に
入れてお渡しします。
exhibition and sale
・額(小) 6,000円~ 
・額(BOX) 18,000円~
投稿日:

「いとしき いのちの いきもの」


夏の特別企画展『いとしき いのちの いきもの』

2023年8月2日(水)〜8月10日(木)
2023年8月17日(木)〜8月27日(日)
※8月11日(金祝)〜16日(水)は夏期休廊  
平日11:30-19:30 土日祝日11:00-19:30
※月曜日定休 (祝日の月曜日も休廊します)

【出品作家】(50音順)
池平徹兵/北岸由美/killdisco
くまのひでのぶ/こうのかなえ/田嶋健
玉川桜/田村幸帆/津々井良/波田佳子

「いきもの」のかたちになぞらえて、
作家はなにを描いたか。

10人の作家が、その筆先から「いのち」を吹き込むように描いた、 愛おしく、美しく、気高く、愉快で、不思議な「いきもの」たち。 夏のギャラリーで「いきもの」たちが賑やかにお待ちしています。

詳細はこちら


【作家在廊予定】
※在廊日時は都合により変更になる場合がございます。
※追加在廊がある場合は順次お知らせいたします。

●池平徹兵
・8月24日(木) 14:00-18:00
・8月27日(日) 14:00-18:00

●北岸由美
・8月2日(水) 11:30-12:00

●killdisco
・8月6日(日) 14:00-16:00
・8月19日(土) 13:00-16:00

●くまのひでのぶ
・8月25日(金) 14:00-16:00

●こうのかなえ
・8月6日(日) 14:00-17:00

●田嶋健
・8月20日(日) 12:00-17:00

●玉川桜
※会期中の在廊は未定です。

●田村幸帆
・8月27日(日) 14:00-17:00

●津々井良
・8月10日(木) 15:00-18:00
・8月18日(金) 15:00-18:00

●波田佳子
・8月19日(土) 14:00-18:00
・8月25日(金) 14:00-18:00



投稿日:

「おかえり」


佐藤香苗展『おかえり』
2023年7月12日(水)〜7月30日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休
※祝日の月曜日も休廊いたします。

【作家在廊予定】
・7月12日(水) 14:00-19:00
・7月15日(土) 14:00-19:00
・7月16日(日) 14:00-19:00
・7月22日(土) 14:00-19:00
・7月29日(土) 14:00-19:00
・7月30日(日) 14:00-19:00
※在廊日時は都合により変更になる場合がございます。

佐藤香苗はとあるきっかけから過去15年間の連作を増やし厚みを作る制作に取り組んだ。 「新しい世界がイキイキ浮かんで派生しむしろ進化していくような充足感」を覚えたという。本展では過去作とそこから派生した新作を中心に発表する。3年間でひっそりと増殖した些細な世界を楽しんでいただければ、と彼女は話す。

作家プロフィール
投稿日:

「pieces」


村松佑樹展『pieces』
2023年6月21日(水)〜7月9日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休

【作家在廊予定】
・7月1日(土) 13:00-16:00
・7月8日(土) 13:00-16:00
※在廊日時は都合により変更になる場合がございます。
※追加在廊日程は決まり次第順次お知らせいたします。

本展では村松佑樹のドローイング、コラージュ作品を中心に発表する。筆の赴くまま縦横無尽に線を走らせ色を重ねる作業は、慌ただしい日々に溢れる雑多な思いや思考の渦から解き放たれ、とても心地が良いという。彼にとってドローイングは制作活動におけるカウンセリングのようなもので、これまでは自身のために描いてきたというが、身近な植物や調度品から拾い集めた独創的な形や表現の面白さには、村松作品の原石とも言える純粋な魅力が詰まっている。

作家プロフィール
投稿日:

「ワラシャンド」


菅原タカキ展『ワラシャンド』
2023年5月31日(水)〜6月18日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休

【作家在廊予定】
・5月31日(水) 13:00-19:00
・6月18日(日) 13:00-19:00
※在廊日時は都合により変更になる場合がございます。

漫画や浮世絵に着想し、和衣装柄をコラージュしたかのような表現で、菅原タカキが独自の世界を描く。「ワラシャンド」は作家が生まれ育った岩手県で「子どもたち」を意味する言葉だ。本展示では、遊び心や喜怒哀楽を内部に含む幼い人型たちがギャラリーを占領する。その澄んだ瞳は何を捉え、何を想い、この先に何を映していくのだろうか。彼らの視線に、表情に、誰もが経験する自我が芽生えてゆく過程を思い起こすことができればと菅原は願う。

作家プロフィール
投稿日:

「白く揺れる」

中村ゆずこ展『白く揺れる』
2023年5月10日(水)〜5月28日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休

【作家在廊予定】
・5月28日(日) 13:00-
※在廊日時は都合により変更になる場合がございます。

日常生活の中で見かける好きな形や線。時間の移ろいに庭先で揺れる影、夜の部屋の壁に姿を現わす影。楕円形や雲形をした白や黒や茶色の石。こころの隙間に入り込むものをつかまえたくて、中村ゆずこはキャンバスに向かう。夕方の透明で暗く青い空気、杉の匂いの中を散歩する時。気分一新させてくれるものを描く。かたちあるもの、ないもの、それらは中村ゆずこが引きだす輪郭線によって姿や気配を現わし、空間にふわりふわりと白く揺れている。

作家プロフィール
投稿日:

第1回 ヨロコビto公募展
“ライフアートアワード”

ヨロコビtoは「日常にアートを」というコンセプトのもと、作家と人々の暮らしをつなげる活動をしています。第1回 ヨロコビto公募展 ”ライフアートアワード”では、「現在の日常」そして「これからの日常」と共にあるアートを表現する作家を募集します。大賞受賞者には当ギャラリーでの企画個展開催の機会を授与します。制作と真摯に向き合う熱意あるアーティストからの応募をお待ちしています。

応募締め切り

2023年6月30日(金) 募集は締め切りました。
審査結果はこちら

概要

応募資格

・日本在住の満18歳以上。
・プロアマ問わず。国籍不問。
・特定のギャラリーと専属契約していない作家。

募集内容

・「現在の日常」そして「これからの日常」と共にあるアートを表現する作家。
・オリジナル作品のポートフォリオにて審査。
※掲載作品は展示発表済み・売約済みの作品、コンペへの出品・受賞歴がある作品など不問。
※5年以内に制作した作品。掲載点数は10点以上30点以下。
※掲載作品は平面作品のみ(デジタルプリント作品は可)。立体・映像作品など不可。

・大賞1名:ヨロコビtoギャラリーでの個展開催
2024年7月31日(水)〜8月25日(日)
※8月12日(月)〜16日(金)は夏季休廊
※ギャラリー企画のため、ギャラリー使用料金の作家負担はありません。
※展示DMの制作料金の作家負担はありません。

・ヨロコビto応援作家への加入
※作家作品絵葉書5種類の作成とヨロコビtoギャラリー店頭、オンラインショップでの販売。(印刷費等の作家負担はありません。)
▼ヨロコビto絵葉書販売@ヨロコビtoオンラインショップ
https://www.yorocobito.com

・ArTrip(企業への作品レンタル)参加候補者への応募資格の付与。
▼ArTrip企画書、事例
https://yorocobito-g.com/artrip/

・2025年2月頃実施予定、沖縄のホテルとヨロコビtoとの共同企画「アーティストインレジデンス(滞在制作)」参加候補者への応募資格の付与。
(滞在費・渡航費無料、滞在中に制作した作品を1年間沖縄ホテルレストランにて展示)
▼2022年実施の様子
https://yorocobito-g.com/2022/09/06/yorocobito_hortonoki1/

応募規定

申し込み期間

2023年2月2日(木)〜2023年6月30日(金)

大賞受賞者発表

2023年7月末
※受賞者にはヨロコビtoよりメールにてお知らせいたします。
※ヨロコビtoのHPでも受賞者を発表いたします。

参加費

無料

応募方法

・オリジナル作品のポートフォリオデータをPDFにてメール提出。
応募申込書(PDFまたはExcel)に作家プロフィール等の必要事項を入力の上、ポートフォリオデータと共にメールに添付しご送付ください。(送付の際にオンラインストレージの利用可)

応募メールアドレスはこちら:info@yorocobito.co.jp

※ポートフォリオはA4縦形式で1ページにつき1作品掲載とし、作品ごとに「作品タイトル」「画材」「サイズ」「制作年」を必ず記載してください。
※データサイズの上限は10MB。

※ギャラリーへのポートフォリオの直接搬入、郵送搬入も受け付けます。 必要事項を記載した申込書を添え、ヨロコビtoギャラリーの店舗にお持ちください。
その場合、ポートフォリオのご返却は致しかねますがあらかじめご了承ください。
ヨロコビto Gallery Café ArtCard
〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-21-7
営業時間内にお持ちください。
(平日11:30-19:30/土日祝11:00-19:30 ※月曜休業・火曜展示入れ替え時休業)

審査

・ギャラリーオーナー、スタッフによる審査。
「現在の日常」そして「これからの日常」と共にあるアートを表現する作家という観点で、 作品ポートフォリオを基に大賞者1名を選出します。

著作権について

・応募ポートフォリオ内の全ての作品について、著作権は作者に帰属。(当コンテストの広報目的に限り、作品使用についての権利は主催者側が保有。)
・応募ポートフォリオ内の作品は全てオリジナルとし、他者の著作権等を侵害する恐れがあるものの使用は不可。


▼申込書書式はこちら

お問い合わせ
ご不明な点やご質問などございましたら、ヨロコビtoギャラリースタッフまでメールにてお尋ねください。
info@yorocobito.co.jp

タグ , , , , , , 投稿日:

「dormi」

谷小夏展『dormi』
2023年4月19日(水)〜5月7日(日)
平日11:30〜19:30 土日祝日11:00〜19:30
月曜休

【作家在廊予定】
・4月29日(土祝)-5月7日(日)、
 連日13:00-17:00に作家在廊予定。
※5月1日(月)の定休日をのぞく。
※在廊日時は都合により変更になる場合がございます。

「もう夢の中でしかおじいちゃんに会えないので、夢の中で私はいつもおじいちゃんを探しています。」本展では夢の中で大好きな「おじいちゃん」を探す自身の姿と、夢の中の「おじいちゃん」を交互に描いた104枚のモノクロ作品を発表する。作中のおじいちゃんはモジャモジャに姿を変え、少し孤独で、幸せそうで、楽しく生活している。亡くなって形が変わっても、きっとどこかにいる。どうか幸せでいてほしい。谷小夏が描く世界の中で大切な人の姿を探してさまよえば、あたたかな夢の余韻が私たちをも優しく包むだろう。

作家プロフィール
投稿日: